命令・指示プレイのやり方や魅力を詳しく解説します!

皆さんは指令、命令好きの女性と出会ったことはありますか?

 

彼女たちは、テレセやエッチをする上で

プレイの内容を逐一指示されたい

と考えていて、指令や命令をされることに強いエロスを感じるように出来ています。

 

命令や指示プレイとテレHの相性の良さや魅力など

 

こういった女性は思いのほか多いものですが、命令、指令プレイを体験したことない人も多いのが現状でしょう。

 

ですから、少しでもM毛のある女性であれば、どんどん使っていくべきで、一度体験すれば、命令オナニーが大好きの変態女に仕上げることが可能でしょう。

 

というワケで今回は、テレHでは必須のテクニックである指令、命令プレイを深く掘り下げてお伝えしていこうと思います。

指令、命令プレイになぜ女性は感じるのか?

これは非常に難問で、正確な表現自体は凄く難しいのですが、大雑把に言うのであれば

普段の生活で抑圧された部分の解放

という事が出来るでしょう。

 

近年は特に女性も自立を期待され、大人として振る舞うことを半ば強制されています。しかし、心の中ではそれと相反する欲望を持っているのです。

 

テレH中は、普段とは違い普段の生活で身につけざるを得ない仮面を脱ぐことが出来る数少ない機会ですから、受動的でいたいと思う気持ちを開放することができ、それと性欲を結びつけてどちらも一気に解放しようとするワケですね。

 

受動的とは、相手のペースで相手の言いなりになるという事です。

「乳首を刺激してみて?起ってきたかな?ずっと続けて。」

 

「アソコはまだ触っちゃダメだよ。俺がいいと言うまではダメだからね。」

このような攻めを受け、自分では何も考えずに相手の思うままとなる。

 

普段では、自立して、自らの考えと意見を持って行動をしなくちゃいけないのに、ここでは全てを相手に委ねて、いつもの自分とは正反対の行動をして良いワケです。

 

(わたし、言いなりになってる。。)

 

(それでこんな気持ちよくなってる。。)

 

簡単に言えば、「甘える」の亜種にあたるわけですね。

 

別の言い方をすれば、

甘え + 背徳 + 羞恥 = 指令 命令プレイ

と表現することも出来るでしょう。

指令、命令プレイは命令側にテクニックが求められる

指令、命令プレイの最大のポイントは

命令する側に大きくテクニックが求められる

点です。

 

命令される側は相手の言いなりになればよく、言われたとおりにすれば良いのですが、命令する側は、プレイを全て進行せねばなら無いわけですから、大変です。

 

そういう意味では、命令する側こそが奉仕者であることになるでしょう。

 

そんな命令する側ですが、うまく進行するコツは

やはり「焦らし」

と言えるでしょう。

 

「焦らし」はテレHにおいても、通常のセックスにおいても非常に重要なテクニックの1つで、これを意識するかしないかで、女性の濡れ加減はまったく変わってきます。

 

なぜ焦らしが大きく性感に関係するかを簡単に説明すれば、性感帯は、意識しないと気持ちよくならない事が言えるでしょう。

 

例えば女性が普段の生活で自転車に乗っていても、感じることはありません。

 

刺激だけを考えれば、自転車のサドルは秘部に対する刺激を継続的に続けているわけですので、気持ちよくなってもおかしくはないように見えますが、自転車では非常に重要な要素が抜けています。

 

それは

エッチな気分と、性感帯に対する意識

です。

 

逆に言えば、自転車がエッチなものだと思い、アソコに対して集中すれば、自転車に乗るだけでも女性はガンガン濡れるワケですね。命令プレイでは、そういった点をしっかりと理解しておくのが大事です。

 

エッチな気分を煽りつつ、焦らしていくことで、女性は、エッチな気分になりつつ性感帯に意識が集中していきます。

「あそこは濡れてるかな?でもまだ触っちゃダメだよ」

早くアソコを刺激したいのに、なかなかOKが出ない。

 

この状態は、女性の意識を強くアソコに向けることが出来ます。この時間が程よくある事で、アソコを刺激する際の快感が数倍に跳ね上がるのです。

 

そうして、ついにアソコへの刺激の命令が出たときには既に濡れ濡れになっており、実際に触らせれば、一気に女性を快感の海に突き落とすことが可能なのです。

気分の盛り上げは順序良く!

焦らしとも関連しますが、命令プレイだけではなく、テレH全般に言えますが

順序良くプレイしていくことは大事

です。

 

プレイ開始時は、女性も気持ちがそれほど盛り上がっていません。セックスでよく言われる前戯の重要性ですが、それはエッチな気分を高める事を指しているのです。

 

これらはテレH、命令プレイでも同じことが言えますから、進行は順序良く行い、次第に少しずつエッチな気分を盛り上げていくことを意識して行きましょう。

 

命令口調も、最初は丁寧にしておき、気分が盛り上がってきたら、強めの命令口調にしていくのも良いでしょう。相手の反応を見ながら対応することが大事です。

まとめ

如何だったでしょうか?

 

今回は指令、命令プレイについてアレコレお伝えしてきました。命令プレイは大変だと思われる方もいたかもしれませんが、命令する側の楽しみは、

自分のプレイで女性が面白いように感じてくれる

ことにあります。

 

言葉責めや命令プレイで感じてる女性の表情は最高に興奮します

 

その万能感たるは素晴らしいものがあり、普段は大人しく大人の女を演じている女性たちが、アナタの言いなりになり、その一言一言に合わせて、オナニーを演じ、それでオーガズムを迎える。

 

命令する側の快感はそこの所にあり、装飾無しの生の女性を感じることが出来る特別な時間です。プレイの質は回数を重ねることでテクニックが上がっていくので、どんどんテレH、指令命令プレイをして、上達していきたいものですね!

 


PAGE TOP