軽い言葉責めはテレHにおいて女性への愛撫となる!

 

軽い言葉責めは女性への愛撫になる

 

テレHにおける女性への言葉責めが女性をエクスタシーへ導く為の効果的なテクニックとなる事はこのサイトでも前々からお伝えして来ましたが、今回はその言葉責めプレイの更に細かい使い方についてお伝えしたいと思います。

 

女性とセックスする時に、まだ濡れてもいない女性のアソコにカチカチに勃起したペニスをいきなり挿入するような愚かな男はいませんよね?

 

こんな事をすれば女性から激しく怖がられますし、女性によっては激怒してセックスどころではなくなるでしょう。

 

まずは女性のアソコを濡らす為に

愛撫をするのがセックスの基本

となります。

 

実は、テレHプレイにおいてもこの愛撫をすることが重要であり、まずは相手の女性をエッチな気分にさせて、クライマックス(エクスタシー)までの準備をしなくてはなりません。

 

このテレHにおける愛撫こそが実は言葉責めテクニックの応用によって出来るのです!

ソフトな言葉責めプレイ

これが、テレHにおいては女性への愛撫に該当します。

 

あくまでソフトに行うのが最大のポイントでありコツになります。

 

激しく

濡れてんだろ!?アソコを指で掻き回して音を聞かせろ!

これでは愛撫にはなりませんからね?

 

優しく紳士的な口調で行うべきです。

エッチな声してるのね。可愛いよ。もっとエッチな声を聞きたいからパンツの上からをアソコを優しく触ってみようか?恥ずかしい声が出そうになっても我慢しなくて良いからね。

これも立派な言葉責めです。愛撫としての軽い言葉責めはこのようなニュアンスで行うべきです。

 

このように

優しくエロい感じで行う

のが攻略の秘訣なのです。

 

相手の女性は徐々に気分が高まってくるでしょう。そして、更なる刺激を求めて声質もかなりエロモードとなって来ます。

 

それまでの口調からトロンとした声質に変わったら愛撫が効いている証拠です。相手のリアクションを見極めながら更に軽めの言葉責めを継続します。

 

テレHにおける愛撫は相手の吐息や喘ぎ声の激しさを便りに、徐々にハードにするが基本ですからね。

 

女性の声質が明らかに激しくなり、発する言葉や会話の内容もかなりエロくなって来たら本番(クライマックス)です!

 

愛撫をしっかり行ったらクライマックスを意識

 

本来の激しい言葉責めでイカせまくっても良いですし、他のテレHテクニックを駆使して楽しむのも良いでしょう。自由に女性の反応を見ながらお互いにテレHを楽しみ、同じタイミングでイクのがベストです。

 

とにかく、ソフトな言葉責めというのは女性のアソコを挿入OKな状態へと導く為の有効な手段となりますので、テレHが始まって間もない時に積極的に利用すべきです。

 


PAGE TOP