マグロ女や不感症の女は言葉責めテレHが攻略のカギとなる!

 

マグロや不感症女を濡らすには言葉責めテレH

 

良く濡れて感じまくる女とのセックスやテレHって最高ですよね?

 

前戯をし、いざアソコに触れてみたとき、溢れるほど濡れてた時。

 

テレHをしていて、アソコに受話器を近づけて貰うと、

クチュクチュと卑猥な音がする時。

相手の女が濡れて喘ぐからこそ、コチラも盛り上がるってものです!

 

一方、マグロな女性はどうでしょう。

 

濡れないし喘ぎが無い女とのプレイほどツマラナイものはありません。

 

まるで人形を相手にしているような虚しさの中、なんとか自らのエロスを奮い立たせようとする様は、精神修行の一環のようです。

 

快楽どころか苦痛でしかありません。

 

テレHに至っては、音声が無ければそこにあるのは「無」・・。

 

一ミリも興奮する要素が無いわけで、それで興奮するなんてどんなエロ将軍でも無理な話です。

 

そりゃ、

「なんだコイツ、まったく興奮しねぇぇぇ。」

と、捨て台詞を残して、さいならっとしたくなりますが・・・、

 

ちょっとストップ!

 

感じない女なら感じさせればいいし、濡れない女なら濡れさせればいいんです!!

 

使えない女性を使えるようにするのはアナタ次第なんですよ!

 

と言うわけで今回は、産業廃棄物的マグロ女を再生処理する為の方法をお送りしていこうと思います!!

濡れないし、感じないのには理由がある!

 

「つまんねぇ女!」

と、心の中で思うだけじゃなく、もしホントに言ってみたらどうなるでしょう?

 

「アンタが魅力ないだけでしょ!」

っと、手痛い一撃が飛んでくるかもしれません。

 

そうです。

 

相手をこき下ろすのは簡単ですが、

女性側にも理由がある事が多い

のです。

 

もちろん、全てアナタに魅力がないわけではなく、女性側の都合で濡れない、感じないことがあることは覚えておく必要があります。

 

そしてその理由を取り除くことで、感度の良く興奮できる女性に仕立てることは可能なんです。

緊張してたら濡れる濡れないのは自明の理!

濡れない要因の一つとして多いのが緊張です。

 

アナタは物怖じせずにドンドン興奮するタイプだったとしても、女性側が同じとは限りません!

 

むしろ男性よりも女性の方がエッチな事に対して免疫が少なく、緊張しているケースは多いのです。

 

例え普通の会話の時はノリよく話していた女性

であっても、いざとなると緊張してしまうこともありますし、むしろ緊張に抗う為にノリ良く会話してくることも多いものです。

 

その緊張を解きほぐす作業は、相手であるアナタによって大きく変わってきます。

 

その点をよく覚えておく必要があるでしょう。

緊張を解くには??

これはやはり会話が重要になります。

 

おしゃべりが上手くいけばいくほど、女性の緊張感は低下していくと言ってよいでしょう。

 

特にテレH時などは初めて相手という事が多い

ですし、多少、緊張状態にあるのは致し方ありません。

 

会話を初めてスグにテレHということでは、気持ちが盛り上がりません。

 

また、実際にテレHが始まったとしても、急いでプレイしていてはダメです!

 

セックスでいえばすぐに挿入のような感じでは、女性は感じないように出来ているのです。

エロい気持ちを高めさせる!!

そもそも性感帯というものは、エッチな気分に左右されます。

 

例えば、いきなり女性のアソコに触っても、あまり気持ちが良いとは感じません。

 

男性であれば、ご子息に触れればある程度は速やかに気持ちよくなりますが、女性はそのように出来ていないんです。

 

例えば自転車のサドルですが、サドルは程よく柔らかみがあり、男性とは違い女性のアソコに思いっきり当たります。

 

適度な振動もあり、バイブ的な効果があると思いますが、実際は自転車で感じる女はいません!(中にはいるかも笑)

 

「何を当たり前のことを・・」

 

っと思う方もいるかもしれませんが、ここは結構大事なポイントで、聞けば当たり前のように感じますが、普段からそこを意識していくことは重要なんです。

 

ここからわかる事はただ一つ。

 

エロい気持ちがなければ、いくらアソコを触られても気持ちよくならない!

 

ってことで、これを常に意識して行かないとダメなんですね。

前戯が重要ってよく聞くけど・・

そうです!

 

女性には前戯が重要なんです!

なぜエッチな事には前戯が大事!前戯が重要!と言われるかというと、女性が性感帯にスイッチを入れる為の必要な儀式だからです。

 

先ほどお話しした通り、性感帯はエッチな気分に左右されるのです。

 

そのスイッチを入れるのはアナタの役目。

 

では具体的にどうやってスイッチ入れれば良いか・・・。

 

それは「言葉責め」です。

女性によっては、乳首を刺激したり、耳を刺激したり、そういった物理的な刺激で十分にエッチな気持ちが高まる人も居ます。

 

そして比較的はやく、アソコを濡らして喘ぎだします。

 

そういう人は、

一般的に「マグロ女」

と言われることは無いでしょう。

 

しかし、その程度ではエッチな気持ちが高まらない人がいます。

 

そういう女性が問題のマグロ女になりやすいのです。

 

そういう女性こそ、言葉責めが有効なんです。

 

そもそも男性と違い、

女性はおしゃべりが好きで、おしゃべりにより感情が大きく動く

生き物です。

 

そしてエッチな感情は、体のアチラコチラを性感帯に変えていきます。

 

ですから、言葉責めでエッチな気分をどんどん高めて、その上で、アソコを触れば、普段より何倍もの快感が訪れるのです!!

 

「言葉で緊張をときほぐし、言葉でエッチな気分を高めていく」

 

こうして漸くエッチな事を受け入れる為の体の準備が出来ていくのです!

まとめ

今回は不感症のマグロ女を濡れる女に仕立てる方法をお伝えしてきましたが、如何でしたでしょうか?

 

女性にとって言葉が如何に重要かがお判りいただけたかと思います。

 

ちなみに

良く濡れる女性であっても言葉責めの効果はあります。

というか、良く濡れて感じる女性に、さらに言葉責めをすれば、もうアナタ無しでは居られないような、強烈な快感を与えることが出来るようになるんです。

 

もちろん、言葉責めのやり方も重要で、間違ったやり方をすれば、エッチな気分が逆に引っ込んでしまう事もありますので、その辺りも十分に研究していきたい所ですね!

 


PAGE TOP