テレH好きはヤリマン予備軍!アポの道筋さえ見えればヤリタイ放題だ!

 

テレH好きの女性はヤリマン予備軍

 

テレH好きの女たち。

 

その性欲はイカれてるってのは、一部には良く知られた事実だ。

 

そもそもテレH好きの女というのは、

女性の人口比的には決して多いとは言えない

だろう。

 

従って、そんな女を探すのは難しいと考えがち。

 

だがしかし、一見するとわからないカラクリが存在する。

ポイントは男女比!

 

男女比が理想的

 

「カラクリが存在する」

 

などと格好つけて言ってみたが、実はそんな大したことは無い(笑)

 

単純に、

男女比が理想的

というだけ。

 

要するに、女性と男性では、

「テレHを好む率が女性の方が多い」

というただそれだけの事なのだ!

 

だが、それが重要!

 

例えば、女性が1000万人いようとも、対する男性が1200万人じゃ、結局、割合は1を切る。

 

これでは旨味は少ない。

 

極端な話をすれば、それよりも女性が10人で男性が1人の方がいいじゃん!

 

っというワケ。

 

で、その場合、

実際に性交の成功率が高くなる

のである!

 

当たり前っちゃー当たり前だが(笑)

 

なので、フィッシングポイントさえ間違えなければ、入れ食いとまでは言わなくとも、かなり狙い目となるのだ!

テレH好きはヤリマンなのか??

 

ヤリマンである理由

 

そうなのだ!

ヤリマンなのだ!!

それが言いすぎだとしても、ヤリマン率が高いのは間違いない!

 

なぜそんな事が言い切れるのか?

 

もちろん理由はある。

 

未だ、女性はオナニーをしないものだと思っている人は多い。

 

だが、それは間違いである。

 

頻度こそ男性ほどじゃないにしろ、殆どの女性が定期的にオナニーをする。

 

その中で、テレHでオナニーをする女は、

ただのオナニー好きを遥かに凌駕している。

 

そこがポイントだ!

 

通常オナニーに慣れ、そして飽き、普通のオナニーじゃ我慢できなくなった結果、到達するのがテレHである以上、性欲の強さは既に証明されているといっていい。

 

誰か知らない人とセックスするのは怖い。

 

でも、性欲がハンパじゃないので、我慢が出来ない。

 


こういった層が、テレHを楽しむ。

 

従って、もっと正確に表現するのであれば、ヤリマン予備軍と言っていい層というワケだ。

 

もっと単純に考えてもいい。

 

テレHは他者と行うために、それ自体、通常のオナニーよりも手間がかかる。

「それでもしたいの!」

 

「もーー、とにかくしたいの!」

という女がテレHにハマるワケで、そんな女はもうヤリマンだろ!!(笑)

 

四の五の言わずとも、感覚的に分かる!(笑)

ハードルは一つだ!

 

テレHフレンドからの発展が唯一のハードル

 

「誰か知らない人とするのは怖い」

 

このテレH好き女たちの思い悩むハードルを超える手助けをしてあげればよい。

 

テレH好き女たちの特徴として、テレHフレンドになるのには、それほど抵抗感はない。

 

とは言っても、ツーショットダイヤルなどでテレHをした場合、その場限りの楽しみで終わる事は多い。

 

しかし、ここで見事テレHフレンドになれた場合は、その後の展開が一気に変わってくるのだ!

 

テレHフレンドの最大のメリットは、なんどもテレHをしているうちに、

相手の警戒感が薄れていく事!

そもそも性欲が強い女性たちなので、警戒感が無くなれば一気に出会いのチャンスが見えてくる。

 

もちろん全てが上手くいくとは言えないが、そもそもテレH好きの男性であれば、その場をテレHで楽しみつつ、チャンスがあれば出会いにもっていくという、一石二鳥的な楽しみ方が出来るのだ!

 

そして全てのハードルを越えて、セックスに持ち込んだ場合、相手女性の性欲の強さを考えれば、非常に上質なセフレを手にしたも同然であり、また、その警戒心が発揮され、他の男に行くことも少なく、非常に長い期間楽しめる相手となる可能性が高い!!

 

セックスにしろ、テレHにしろ、互いがある程度わかっている方が、気持ちの良いプレイが出来る為、かなり大きなメリットと言えるだろう!!

まとめ

 

まとめ

 

今回のポイントは二つ。

テレH好きの女は性欲が強いことが多いのでヤリマン予備軍!

 

テレHにありついたら、常にテレHフレンドを狙っていく!

という事だ!

 

これらを念頭にいれた上で、今後もテレH活動をしていくと、更にコアな楽しみが出来る!

 

テレHで抜いた瞬間にガチャ切りせず、連絡先の交換は出来るだけ狙っていくと良いだろう!

 


PAGE TOP