「第2回」男がガンガン「喘ぎ声」を出せば女性の快楽レベルは高まる!

 

男の喘ぎ声

 

喘ぎ声や言葉を発さない人たちは意外と多い。

 

それは非常に残念なことである。

 

しかも特に男性に多い。

 

そしてそれは世界共通になっているようだ。

 

どんなことであっても理由があるものだが、もちろんコレにも理由があり、以下の二つがある。

1つ目は、快感度の違い。

基本的に、

男性と女性ではセックス時の快感の量が単純に違う。

女性の方が快感度が遥かに高いのだ。

 

その為、図らずも声が出てしまう事が多い。

 

一方の男性は、気持ちが良いのは同じものの、前後不覚になるほどまでの快感は生じてくれない。

 

その割にはセックスをしたがるのは男性の方なので、快感度とヤリタイという気持ちは比例しないという事がわかる。

2点目は、女性と比べて言葉によるコミュニケーション能力が低い点。

男性は相手と自分が身体的刺激により気持ちよくなろうと努力する。

 

指がつるほどに相手を刺激しようとし、舌がその機能を失うほどに狂ったように舐め続ける。

 

一方の女性は、それだけではない。

 

言葉に喘ぎ声などを使ったコミュニケーションを取ろうとし、しかもそれにより快感を増やすことが出来るというワケだ!

 

かくいう筆者も男性なので、その傾向はあるし、それで当たり前と言えば当たり前なので別段恥ずかしく思う必要もない。

 

しかし、そんな男性であっても意識したり慣れてくると、十分に声を出せるようになる。

 

そして、それに慣れてくると相手の女性はプレイに積極的になるし、女性の感度も上がりやすいのだ!

 

ツイッター上での声

 

 

 

 

 

 

 

どうだろう?

 

多くの女性が喘ぎ声を求めているのがわかる。

 

逆を考えて貰えたらわかりやすいかもしれない。

 

喘ぎ声を出さない女性だったらどうだろうか?

 

とても興奮できないだろう!

 

というワケで、とにかく最初は声を出してみよう。

 

とにかく声を出してみる

 

慣れていないうちはウソでも演技でもいいのだ!

 

まずは声を出して見るのが大事なのである。

 

何故なら、

自分の声で自分も興奮してくるからだ!

要するに自己暗示である(笑)

 

出すと興奮する

興奮すると感度が上がる

感度が上がると喘ぎ声が出る

 

このルーティーンを実践していくのである!

 

しかも、男が感じる事がわかれば、女性側はもっと興奮する!

 

その為に、女性からの奉仕が増えたり、女性自身が興奮して濡れる量も増えたりする。

 

それらが更に男性側の興奮を促していくのだ!

 

また、喘ぎ声で相手をコントロールすることもできる事も見逃せない!

 

例えば、フェラされている場合なら、

「あぁ。。。」

と吐息交じりに声をだしたり、

 

「そこダメだ・・。」

っと快感を直接伝えたりすることで、気持ちよい部分を伝えられる。

 

それにより相手が自分の好みのプレイをしてくれるようになる。

 

この辺りは自分に返ってくることなので、意識してやっていきたい所だ!

 

それが難しいのであれば、息遣いを激しくしてあげるだけでもいい。

 

それでも立派な喘ぎ声といえる。

 

それ以外にも自分の状態のを相手に知らせる手段として、身体を震わせてみたり、ピクっと反応してみたりすることも出来るが、それでも効果はある。

 

だがしかし、今までお伝えしてきた通り音の力は偉大!

 

やはり音声があった方が効果は段違いと言えるほどだ。

 

是非その効果のほどを信じて、しっかりと喘ぎ声を出して行くべし!

 


PAGE TOP